〔カテゴリー〕
<< 極簡 minimal cafe(猫カフェ)ー台北 | main | 愛される関東煮(おでん)ー台北 >>
酸っぱいお鍋は撮影禁止ー台北
taipei

猫カフェで落ち着きなく、カフェオレを頂いた後、いそいそとすぐ近くの師大夜市へ。新しい屋台をチェックです。
こちらでは、横浜桜木町?!辺りから伝来の炒麺麺包の屋台を発見しました。
イメージ的には、焼きそばパンのよう。具材は、焼きそばではなく、台湾風炒めた麺のようです。
(すいません、食べていません。)

日本でも流行っていますかねー、きいたことありませんよww

taipei

3月に来たときにいた、子豚さんがいない。。。。。食べられちゃったんでしょうか????
今日は、子豚さんの休日だと思うことにしました。夜市の客引きも疲れる事でしょう、きっと。

さて、今回は鍋を食べるつもりで台北に来ました。しょっぱなから、撮影禁止の鍋です。すいません、あいにく画像なし!

taipei

私たちが付いたときは、6時過ぎだったと思いますが、行列に行列。
とにかく台湾の人たちもおとなしーく、忍耐強ーく待っています。
番号をもらうので、整列する必要はないので思い思い、待ち続けています。
大勢で鍋を囲むので、いったん席に着いたら、なかなか終りが来ないのが台湾の鍋なのです。

さてこのお店の紹介です。ここの会社の人は優先的には入れるけれど、一般は、番号をもらって並びます。
並んでぼうかと迷っている人から「何番目?どれくらい待っている?」って聞かれるんですわ。
もう、答えぐらい用意しとけよって感じでした。

怪しい中国語でもごもご言っているところへ、こちらで働いている日本語を話せるおじいさんが連れてこられました。
この方が整理番号を用意してくれたり、果ては鍋のタレまで(自分で調合するもの)用意してくれました。
決して押しつけがましくなく、それでいて適度に距離を置いてごはん中も見守ってくれていたので、
困ったときはなんとなく察して助けてくれました。本当にありがとうございました。

taipei

すっぱい白菜(とっても酸味を感じるほどではありません)とお肉も3種類(豚、牛肉、羊)から選べます。
お野菜も食べ放題。こちらの葱油餅はおいしくて有名だそうですが、ほんとにおいしい。これも食べ放題です。

お鍋は真ん中に煙突があり、日本でいう、しゃぶしゃぶになります。

タレは醤油やにんにく、ねぎ、生卵、ぽん酢、ごま油など10種類ぐらいありまして好きなだけ入れて好みの味にしていきます。
初めてでは、どうしたらいいのかわからないと思いますので、お店の方に相談するのがいいと思います。

まぜていくと、タレの味はとっても濃いものになりますので、お鍋のスープで伸ばすのがちょうどいいかもしれません。

とにかくこの鍋屋さんの熱気たるやすごいもの。。。。若人(わこうど)のテーブルや家族のテーブル、
わいわいがやがや楽しそうに話していますが、なにしろそんなに広い場所ではないので、どんどん、声がでっかくなるのでした。

tapei
■台電勵進餐廳
台北市和平東路1段75巷内/02-2351-3804/OPEN11:00〜13:00 17:00〜20:00/最寄駅:MRT古亭駅
詳しくは「歩く台北」で。ひとりNT$350



















Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
| 台湾(台北・食べる) | 21:37 | comments(0) | - |
コメント
コメントする